【One by one / 一つずつ】|1日目|2018-10-31

仕事に没頭して爽快感を得る一日。
そんな日中を過ごしていて、なかなか作曲作業と向き合う時間が持てない。

ま、これはこれで受け止めている事実。

逆に帰宅の際に車の中で思ってしまった。
「毎週末LIVEが入っていたらとても仕事に打ち込めなくなるねぇ・・・」

ひとつの事実。

でも生まれてくる音符たちともやっぱり向き合いたいものだ。

月末月初が多忙になる仕組みなのは僕だけではないと思うが、
時間の制約がなかなか厳しい。
自分だけの問題であれば見切りをつけるなど方法はいくらでもありそうだが、
当たり前に仕事は一人でしているものではないし、一人でできるものでもない。
待ち時間といった一見無駄に思えるような時間も仕事の一部で、
待っている時間の最中に「遊んでいる」わけにもいかない。
それが就業時間外ならだれも問わないだろうが。

そんなわけで昨日に引き続き、チョコを食べながら残業に勤しむ。

10月31日の夜の出来事。
帰宅しながらギターリフを繰り返す形式の曲を書きたいと思って、晩飯を食う前に、メモのスケッチをした。

丁度、上記のようなことを思いながらだったので、「ひとつずつ!」進める意味で仮のタイトルを
「One by one」にしておいた。

まぁ何事も一つずつです。

そして最初のメモがこれだ。
10月31日(水)の定時連絡的な(笑)
つづく・・・・