鍵盤イラストLINE

RUSHのDRUM、Neil Peartが去りました。2020年1月7日だったとのニュースが流れました。
一週間間ですね。
RUSHの結成がワタクシの生まれた1968年。カナダのバンドです。
ピートはプロデビュー後の1974年。要塞。ドラムの要塞。そんなピート。

https://www.nytimes.com/2020/01/10/arts/music/neil-peart-dead.html
https://www.asahi.com/articles/ASN1C2JWVN1CUHBI00H.html

超絶テクニックのこのRUSHを愛していたファンは相当多いと思います。
脳腫瘍、67歳だったとのことです。
当時はバンドではドラム担当していたので、ドラム目線で散々聴いたバンドの一つです。
もちろんこんな風に叩けるわけもなく。
ご冥福をお祈りします。
レコードではなくCDを買ったのは大学生になってCDプレーヤーを手に入れた時でした。レコード、カセット、のアナログからデジタルになった。そんな時でした。最初に買ったのはRushのHold your fired。1987年発売。真っ赤なジャケットがとても目立っていて、お気に入りの一枚。
追悼の意、表しつもりで、久々に通して拝聴しました。
結構歌えるんだな。哲学的な歌詞を何度も読んだものです。
それと、モーニングミュージックで結構聞いたなぁ、と。目覚めの一枚というやつです。

もちろん、名アルバムはMoving Picturesでしょう。1981年2月12日発売。これは高校時代にはまりました。
叩けないけどww

結構買ってるんですよ。というか全部聞いてますww
その中でかなり新しめのCounterparts。 なぜでしょうね。3枚家から出てきましたww
誰かにあげよう。

しかし凄い時代だYOUTUBE アルバムでアップされてるからすぐ聞ける・・・。
買ってたCDのお金はなんだったんだ・・・

いやいや、それは=ミュージシャンの給料=活動支援だから納得しよう!おー!

さて。
SNSでつながっているFさん(TOTOの動画を撮影してくれた方です)がピートの動画をシェアされていました。
拝見拝聴。
やっぱすごいや・・・。シェアありがとうございます。

DRUM CAMERA – Rush – Tom Sawyer d-_-b

ちょっとドラムをたたきたくなってきたのは言うまでもありません。
ご冥福をお祈りします。

Facebook line