結局15年前の歌を歌うに至った件。【Your Smile -2019version】

ありがたいことに、ちょっと間ができましたので、15年前の曲、弾き語りしてみました。
いつになることやら、と思っていた翌日に弾き語れたのはありがたい。



わんこLINE
そんなことで、YOUTUBEにアップしたんですが、最近、YOUTUBEのアップロードの調子が悪いですね。
僕だけかな???

で、これぞアマチュアのマニアックなるベンチマークテスト!
1)スマホ=(現在IPHONE使ってます)のブラウザ(CHROME)から動画データをアップしたとき
2)スマホ=(現在IPHONE使ってます)のYOUTUBEアプリから動画データをアップしたとき
3)パソコンのブラウザ(CHROME)からYOUTUBEサイトにベータ版アップローダーで動画データをアップしたとき ←結局結論的にはコレです。
4)パソコンのブラウザ(CHROME)からYOUTUBEサイトに現行版アップローダーで動画データをアップしたとき ←現在これが使えないのです。この一週間ぐらいでしょうか。4%とか5%で停止してしまいます。

実はマニアでもなんでもなく、仕方なくです。
この4番目の話がきっかけで、結局うまくいかないので、アップする方法を見つけることになります。
上の3つの選択肢でアップロードはできるのですが、その時に、1と2はそれぞれ圧縮されるんですね。
となると、これまで通りやっていた方法の「代わりになるのは」3番だけ、ということですね。

1)はスマホのブラウザが圧縮する。
2)はスマホのアプリが圧縮する。
3)は何も圧縮せずにアップできる。YOUTUBEが処理をする ←これでしょ。

何が大きく変わるのかというと、
1)これまで何本もアップロードをまとめて放り込んでいた作業はできなくなる。
   実は2018年までは本数の上限も無きに等しかったんですが、ある日、70本になり、50本になり、25本になり、と少なくなってきました。
   背景は、「YOUTUBEで編集機能があって、それで動画を作成できるようになっていた」時代があるのですが、これがなくなりました。
   手元で編集したものをアップすることになったわけです。
   こうなると、素材の短い時間の動画をたくさんアップすることがなくなったので、
   編集して公開目的の出来上がった動画を1本だけアップロードすることになります。
   理にかなってますね。
2)スマホでは大きなデータが扱えないので、なんでも圧縮してしまう。
   その昔は、「エンコード」と呼ばれる手法そのものが開発の大きな課題でした。そのことに国が研究費用を出していた時代がありました。
   どんな方法でどやって通信すると無駄なくかつ施設に無駄な負荷をかけずに視聴者に届けられるか、という手法のことですね。
   これも昔話になってきています。
   1998年の頃はこんな会話でした。
   地域プロバイダ担当者J
   「ネットで2Mの回線が欲しいんですけど、東京までの接続、いくらぐらいで可能ですか?」
   東京大手IX系通信事業者
   「そんなに大量の通信を必要とすることが理解できない!ので、今のところ想定される回線のご用意ができません。1.5Mなら可能です」
   ちなみにもの2M(メガ)とか1.5M(メガ)とかは、帯域保障型(ギャランティー型)で、今のインターネットの「ベストエフォート型」とは違います。
   続きます。
   地域プロバイダ担当者J
   「今の利用状況だと、少なくとも来月6M、2か月後10M、半年後には20M、1年後には・・・という予測なので、もし設備がないのであれば、もし設備の準備が年単位なのであれば、100Mクラスの話題をしないと間に合わないです・・・・」
   東京大手IX系通信事業者
   「あまりにも現実離れしているので、お話ができないですね」

   その後、東京まで説明に行ったのは言うまでもありませんが、
   5G、来ますよね。
   もうじゃぶじゃぶです。
   映画も普通に視聴できる時代になりました。
スマホで圧縮してデータをやり取りしないと、俗にいう「ギガ難民」になってしまいますから、通信するデータ量は少ないに越したことはありません。
だからスマホのデフォルトは「極力圧縮して送信」ということになります。

例示すると「IPHONEの写真をメールに貼付して送信するととても圧縮されたデータになっている」のがそれです。
初期は圧縮の比率を選択できませんでした。iOsの進化と共に、写真をそのまま貼付することもできるようになりました。
(アンドロイドでは・・・その機能がなくて、むしろ自分で圧縮して送信するアプリを使っていましたね。今もそうなのかな??)
スマホが圧縮して送信するのはデフォルト、なんですよね。結局。

だから大した量をYOUTUBEには送らないはず。
でもYOUTUBEは制限を厳しくしている。
「YOUTUBEさん、制限しないでよぉぉぉぉぉぉと言いたい。」

エンコードの技術は、いい意味で進化しました。
圧縮して送受信できる技術。
この圧縮のエンコード・デコードがキチンと働いた上で、さらに通信が高速化されれば、「いろんな便利」に使える。
「いろんな便利」の中に、きっとYOUTUBEも入っているはずなんですが・・・。
実はこの圧縮技術が進んで、通信速度が上がると、YOUTUBEに頼る必要がないんじゃないか、という気もしてきますが・・・。

3)キッズ問題
いずれにしても、この面倒すぎる手順は、子供たちのネットでの安全を担保するための面倒な手続き、とも言えなくもないので、
便利に使おうとする我々だけの問題課題ではなくて、「便利ならなんでもいいのか??」的な懐疑論でしょう。

特にアメリカで社会的問題になっている、ネットユーザーの若年化とキッズ問題。
日本も他人事ではありません。

YOUTUBEがベータ版公開しているこの動画のアップロード手順は、ある意味当然ともいえる手順かもしれない。
この点では賛成。めんどくさいけど。

一つ一つの動画に対して、アップロードするときに、
「ほんとにこの動画、ネットに挙げても大丈夫?子供向けの動画ですか?違いますか?ほんとですか?」
という確認手順が含まれているます。
「自分のサーバーで配信したほうが作業が速い時代になった、のかもしれないぐらいYOUTUBE使いにくくなった・・・。」と僕が感じるのは、YOUTUBEをクラウドアーカイブ先の様に使ってきたからでしょう。
なんでもかんでも非公開で保存してきた僕としては、もうこのロジックが通用しないww ま、これは今後、手元のHDDに保管して永久に誰も見ない、という運命をたどるのだろう。
その点、家族ビデオを撮影している世の中のお父さんたちはどうしているのだろう???。
大きなイベントごとはちゃんとDVDにしたりして保管していますが・・・。
日常の動画とか写真。あからさまにこの数年で激増しています。

4)アップロードがうまくいかない話
さて。アップロードの話に戻しましょう。
先ほどからずーっと上記の選択肢【3番】でアップしているんですが、全然進まないwww
かれこれ3時間。

※あえて書きますが、途中のダイアログボックスのアップロード率(パーセント表記)は動いてますが、最後のページのアップロード率表示、動いてないと思います。直したほうがいいと思います。YOUTUBEさん!この連絡はどちらにしたらいいのでしょう!←ほんとにわからない。
一度パソコンを再起動してから、同じファイルのあぷうろーど手順を踏んだら、0%からではなく、引き継いでくれた。この点はありがたい。というか止まらないようにしてほしい。止まらなければ再起動しないので・・・・
そしてそして。手法が違うアップロードも、YOUTUBEサイドでは同じものとして扱うようで、最後に【3番】をアップしたところ「もうすでにアップされているので処理を中止しました」という残念な終了・・・。
わかりました。
最初の2つを削除すればアップさせてくれるんですよね???
で削除。 ←この時に、ちょっと思ったのは、YOUTUBEに圧縮しないデータを送ったからと言って、YOUTUBEが正しくエンコードでコードしてくれるのかどうかはわからないな、という不安。
ま、削除しちゃったので、もう一度アップです。最後のページまで行くと途中でアップロード率がわからなくなるのは前述しました。学びましたよ。学んだので、途中のページのまま、アップロード完了を待って、詳細を記入していく手順にします。

もう終わりたいwwww

わんこLINE

ということでやっと楽曲の話題へ。
なんだっけ???タイトルからやり直そう・・・。

「結局15年前の歌を歌うに至った件。【Your Smile -2019version】」

ありがたいことに、ちょっと間ができましたので、15年前の曲、弾き語りしてみました。
いつになることやら、と思っていた翌日に弾き語れたのはありがたい。

そうでした。
この曲とYOUTUBEの相性は良いほうではありません。
なぜなら、著作権を他の人に主張されるからです。
似ているとかではありません。
この件は過去に何度もYOUTUBEの担当の方とやり取りしました。
著作権を主張した方は取り下げたようです。
でも直接ではなくYOUTUBE越しになりましたね。
そして、取り下げの後も、その著作権のアラートがYOUTUBE日本では消せないようです。
結果、それ以降の質問には「もう回答したのでこれ以上のことはできません」という扱いになりました。

その動画を削除してアップし直して下さい、ということでした。

なので、やっと、とも言えますww
随分と月日が経ちました。
15年って早いですねぇ。

あまりピアノ伴奏がメインになるのを避けたい一曲なので、コード感をなくす工夫をいろいろとしてます。
左手がルートを弾かないとか、
音階が高いところから始めるとか。
歌詞の内容は女性に向けた男性の気持ちを表して「いた」ものだったのですが、
今は「二人の子供たちに向けた歌」の様に思って歌っています。
歌詞を深読みするとそうなる、というよりも、歌っていて、そういう感情になったんでしょうね。
歌詞をそう思って見直しても破綻していないと思っています。

それでは是非お聴きください。
って書いててもまだ49%しかアップされてませんww
5分ちょいの曲なんですけどwww
終わったら粛々と公開作業に移らさせていただきます!
では!


【Your Smile -2019version】


歌詞 【Your Smile -2019version】
1)
今 何を見て 今 何を思う その瞳の奥に
言葉だけでは 伝えきれない。 触れていたい 君に
YOUR SMILE Your HOUNEIED WORDS 離れたくない。

2)
不安になると 寂しくなると 写真の中の二人を
セツナイ夜は 伝えたい 思いを。 僕の言葉を
YOUR CRY Your VIBRATION
YOUR SMILE with HONEYED WORDS 離したくない。

小さな 輝く 星たちが 作る夜空の星の流れを
降り注ぐ幾千の恵みを 両手広げ 二人で・・・。

3)
今立ち止まり 見つめるときを  優しくなれる 互いに
大切なもの 忘れていた気持ち  戸惑いはしない
YOUR HEART SOFTLY WISPER
Your smile, Your honeied words. 離したくない、離れられない 。

静かに 流れ行く風のように  留まらず急がずに歩幅合わせ
歩むこと、歌うこと、空の下で  両手広げ 二人で。

小さな 輝く 星たちが  作る夜空の川の流れを
降り注ぐ幾千の恵みを 両手広げ 二人で・・・。

静かに 流れ行く風のように  留まらず急がずに歩幅合わせ
歩むこと、歌うこと、空の下で  両手広げ 二人で。


まとめていた曲集のプレイリストにも加えました。
お時間ある方は是非!
【011th-【LIFE】2001-2006】

曲目データベース
http://artistclip.com/junnakaguchi/clip/?p=4930