卒論でも掘り下げたことがあるんですが、John Lee Hooker。

詳しい方なら今更説明するなと叱られそうですが、ブルースを語るのであれば、このARTISTの演奏を知らないわけにはいきません。
というかちゃんと勉強してこいっ!て言われちゃいそうです。

なので、薀蓄というよりもプレイリストをはっておきます!