前日の夜の差し入れを本日関わってないけれども頂いてしまった、というお話。