息子のラグビーの練習に行ってきました。

今日の話題は新しいグランドの話題。

愛知県岡崎市。
遠い昔々小学生の頃陸上部だったワタクシ。
一応、欠席裁判で主将を仰せつかって挑む市内大会、三河大会はここ「県営グランド」でした。
今も県営なのかな???違う気がしますが・・・。

ここがずーーーと工事で、隣の安城で大会をここ数年していたらしい。
で、とうとうリニューアルが終わって、さらに、球戯場ができました。

人工芝。
ゴムのチップが小石の代わりに弾き詰めてあります。

ほんとにいい感じです。

今日はここで岡崎ラグビースクールの練習が行われました。
施設の名前は「龍北総合運動場」。https://www.ryuhoku-sf.jp/

コロナの影響で、普通の練習になってしまったのですが、もともとな豊橋RSとの交歓試合が予定されていました。

へずまりゅうという迷惑なYOUTUBERが岡崎のイオンの食品を店内で会計前に食べた事件。
この事件の犯人。
へずまりゅうが「コロナに感染していて」「多くの人に感染させた」ことで、こりゃだめだわ、
ということで交歓試合、なくなりました。

ほんとに迷惑。

ということで、普通の練習。
の前に、ちょっと早めに行って、息子とボールをキックする練習を致しました。

いいよねww この感触ww
出来立てほやほやの人工芝のグランド。贅沢でした。

グランドほぼ中央のおかげに荷物を置いて、コーチ陣のお手伝いが必要そうなときに手伝おうということで、短パンも履いていきました。

息子は、父の持つタックルバックの列には来ませんでしたよww
タックル受けて見たかったけど、息子からすると嫌だよねwwというか恥ずかしいのかww

しっかり小学生のタックルを受け止めて指導的な事も。
当然なんですが、タックルのやり方を奈違えると事故につながりますから、背筋の伸ばし方、当たる時の場所、押し上げ方、首を折らないで行くこと、などなど。

素直な子は、そのままやるので、いきなり上達します。
面白いねww

息子君には教える機会がなかったので、また今度。

特に気を付けるといいなと感じたのは、まぁ、当たり前なんだけど、怖いからタックルできない。
経験上、この中途半端な感じで、手で突っ張ったり、首に飛びついたり、ショルダーアタックしたり(もちろん販促なんですけどね)すると。間違いなくケガになります。
正しい姿勢で友好的なタックルをすることが一番ケガの心配もない。

つまり首を上げて、方と首の付け根で低い姿勢で腰より可能なら下から背筋を伸ばして当たる。
この姿勢で当たればそのまま押していけるし、捨て身で当たっていった場合も、首の負傷はまずない。
背筋をまっすぐに保つことで、体への負担もない。

もちろん衝撃は来ますけどね。
経験上ww

この衝撃、一度経験すれば、「なるほど」と腑に落ちて、これまで不安や恐怖に感じたタックル、全然できるようになります。

今回の練習だけでも、終わるまでにナイスタックルができる子供が何人もいて。
タックルバックを持って練習したときは全然できていなかった子も、
しっかり腰から下にタックルで来ていた子もいました。

相手もしっかり倒されてました。
できることなら、受け身の練習を教えてあげたかったかな。
市制はケガをするようには見えないけど、事故は避けたいですからねぇ。
本職のコーチではないので程度問題かな、とも思いました。

一報、当たり前にまだまあポジショニングなんて考えられないので、みんな一斉にボールに處に向かって集まってしまいます。
もう全然別のスポーツww

役割分担、チームメイトを信じて任せる、という気持ちを持ってもらいたいことと、
そもそも、自分が何の役割なのか全然わかっていないので、そのあたりは体験よりも座学が向いていると思います。

とはいえ、段々経験を積めばわかってくるでしょう。

自分が3年生の時はルールと動きを覚えてしまっていたので、どうやって覚えたのかを思い出せません。
思い出せると教えるときに役に立つんだろうな・・・。

ともかく、人工芝は
「アツイ」!!!

練習の終わりの12時を回っても、3年生はまだ有志だけで試合形式の練習を続ける、とのこと・・・。後の予定があったので、
息子共々引き上げましたが、後ろ髪惹かれる感じですね。

わがままにも大人同士でキックのけり合いの練習がしたかったなぁ・・・。しませんでしたけど。

さてこの後午後は・・・・練習再開のバドミントン(娘ちゃん)の時間です!
こちらは粛々と!
ブログネタには・・・向きませんww

Facebook line

人工芝!

https://www.instagram.com/p/CCzXygqDueh/?igshid=wpijxpeovihi

中口 潤さんの投稿 2020年7月18日土曜日