月末月初がお仕事が立て込む職種のアマチュアミュージシャン、Jです。←なんか恥ずかしい名乗り方だなww

月末月初の忙しさはいつものごとく。
で、今回は急に子供たちが休校対応ということもあって、わさわさしています。

日中、不在の際は学童があれば預かって貰える結果で、ほっとしました。
そういう親御さん多いのかな? ただ、学校への通学とは違って、なんだかんだで忙しさにプラスアルファになっているのは否めないですね。

さて。
コロナウイルスとライブハウスのことでNEWSがいろいろ。
大阪の会場で感染が拡大した、的な話や、東京事変さんの復活LIVEツアー 2月29日決行!の件で非難が集中したり。
海外に住むドラムとかピアノを弾く方が「今はやめておくように!」という発言をツイッターで発信したり。
僕的には2月の終わりにKyojiYamamoto氏の来地元LIVEを見に行きました。
その後は「どこかに行く」という意味では、子供たちを滋賀のアスレチック場(屋外)へ連れて行って、お出かけ的な事は最後かな。今のところ。

行動範囲は常日頃からとても狭いので、あんまり日常的な不都合は生じていません。
・会社
・夜誰もいない公園(体を動かさないとおかしくなってしまいますので、人を避けて夜中のフォジカルルーティーン実施。ま、リハビリ運動的なww)
・自宅
・朝のコンビニ
・昼のコンビニ
・食材購入のスーパー

で、時々非日常があるわけですが、ほぼ音楽がらみ(LIVEか演奏かカラオケ)

普通に言うと、非日常があるので日常を維持できるマインドを保てるわけで、非日常がなくても死なないよね、と言われると、じゃ、何のために生きてるのよ、と反発したくなります。

KyojiYamamoto氏が「素晴らしい音楽を聴いて免疫力を高めよう!」と言っている言葉に賛同。
そもそも、自分の状態が良ければ免疫力は上がるし、自分がサゲサゲだと病気になるのは間違いない。根拠もある。
もちろん、濃度の濃いウイルス、強いウイルスに勝てるのか、と言われれば「なってみないとわからない」でしょうね。
同じ環境でもどうやら「感染する人」「感染しない人」が出てくる。この差。ここの差は自分の病理学的免疫学的な強さに依存するものと思われ。

ということで、歌うし、演奏するし、までは一人でもできます。
が、SESSIONしたり、LIVE見たり、となれば、場所もいる、「濃厚接触」化が顕著、みたいな話。

そもそも論なんですが、じゃ、ライブハウスのせいなの???それって???

責任論を追及したいんじゃないんですよ。
結果的に「感染拡大が予想される環境」は、名指しでOUT!!っていうことになってるじゃないですか。

他にもいっぱいありますよ。
じゃ、そういう元々ある基盤というか、これまで培われてきた社会的な側面を無視して「ライブハウスなんかいくからだよ」「ライブ開催するからじゃん」っていう話に直結する。

いくら何でもエゴが過ぎるんじゃないでしょうか。
僕はそう思っています。

あるミュージシャンが、「感染している人、感染が疑われる人はライブハウスに来ないで!僕らの職場を荒らさないで!」と言っていました。

満員電車も一緒なんじゃないかと。
会合的な事も自粛。
音楽など、やらなくてもすぐには死ぬことはありません。
そう言って、音楽をしなくても生きていかえるかと言われれば、「それは無理でしょうね」となる。

いつまで?どの程度?どうやって判断するの?

そういう事柄の中で。「みんな我慢しているんだから自粛して当然!」という話になるんだと思いますが、
常日頃から衛生面い気を付けている人たちが集まって何かするのと、全然気にしていない人たちがわざわざ集まるのとはやっぱり違いますよ、と言いたい。

イメージは、「コンビニのトイレを借りても手を洗わないで平気で商品をいじって、買い物している人たち」
が集まるのと、
「そもそもこういうことがなくても手洗いうがい、清掃、空調管理ほか節度を持って生活している人たち」
が集まるのと、
同じだと思えます???

問題は、そこに線が引けないことで、ライブハウスが問題ではないということ。

こんなに書いた割に、そこまでライブハウスに通ったりしていません。ホールとか、もっと広い場所になるかな?実際は。
JAZZはライブハウスほど密集した状態では演奏していないだろうし、まぁ、ほんと千差万別。

この話題だけでもそうと意見があると思うわけで、でも政府の方針に「従わないと」話にならないので、みんな協力している。
せめて文句ぐらいいいたい!とネガティブになっているわけでもありません。
これを機にレコーディング!とか思っているミュージシャンもいるかもしれませんが、そのメンバーが感染していたら全滅だし。

今は誰が感染してもおかしくない状態。
そっち方面からも考えるに、何か原因を特定して悪いのはそれだと思うと安心する、的な、もしくは報道が言いやすい事柄に集中するから、こういう話になるんだろうな、とある程度自分でフィルタリングして考えないと、とは思います。

終息してくれ!そうすれば誰も悩まない。
刻々とストレスがたまる人も出てくると思うので、バランスが壊れないうちに何とかなって欲しいと祈ります。

今日はそんなところ。
(あ。これでも政治的な施策の意見とか具体的な政策への反論とかそういうのは全部割愛しました)

以外には行っていません。)の場所は避けられませんね。言っていません。行った時に思いましたが、人間の免疫力は、自分が好調な状態を維持しないと、全然機能しない!という氏の意見に本当に賛同します。