早朝から母と病院へ。

間に合わず。
父とのワカレはお彼岸でした。

ま、これを書いているのは2017年の12月。

石原裕次郎のCDを聞きながら逝ったようです。

曲名は「我が人生に悔いなし」
作詞: なかにし礼/作曲:加藤登紀子 

昨晩ギターを弾きながら早々にオヤジに会いにいかんとなぁ、と思っていた矢先。
=======
以下YOUTUBE投稿から

おやすみ2016-03-14|生きてる父宛には最後の演奏。|追悼|別に上手く弾けてるわけじゃないけど|

子供の頃、ふざけてよく 「ぐぅっっっないっっ」って言ってた親父。

13日に母と話して、14日に昔親父に買ったCDプレーヤーと石原裕次郎のCDを母が病院に持っていった。

調子がいい、って言われて、父が普段寝つきが悪いからさっと眠れるといいなぁ、なんて思って弾いたギター。

きっかけは岩井勝氏がFBに投稿していたガットギター。

同じメーカーのものだったからギターケース出してきて。

そのまま父の事を考えながら弾いてた。

次のお見舞いは子供たちを連れて行こう、とか。

いつ行けるかな、とか。

そうやって、いつもの様にスマホで撮影して。

FBにアップしたんだけどね。

まさか生きてる父宛には最後の演奏になるとは思わなかった。

母はもっと早く持って行ってあげればよかったなんて言っているけど、生きてる父に、石原裕次郎のCDを聴かせてあげられて、間に合ってよかったって思っていて。

ドラマのように逝った父のCDプレイヤー最後にかかっていた曲は、「我が人生に悔いなし」。

さすが、だね。とうさん。

3/14にものすごく身体の調子が良くて、
結局、3/15に逝って。
3/16の朝にひいたピアノ。

このギターのモチーフをレクイエムでピアノで少し取り入れて弾きました。
簡単なコード進行だけ、なんだよね。
おやすみなさい、のつもりだったから。

音楽が大好きで、ものすごくでかいステレオを買って。
いつもクラシックを兄と俺に聴かせてくれた。
自分で歌うのは裕次郎の曲が大好きだった。

アニキはスポーツ、俺は音楽。そんな担当分けになってるね。今は。

本人が悔いがない、って。
確かにちゃんと人生を終えたね。

おやすみ。
そして行ってらっしゃい!

彼岸こそ 渡るに易し 明日の空
==========