音楽とは関係ないけど。話題の動画 ゴーン前会長の主張

Featured Video Play Icon

 

 

 

ゴーン前会長、反論動画を公開「私は無実」 「陰謀」主張も具体名明らかにせず!
 

 

 

先に感想を書くとすると、自分は完全に第三者。
であるとともに、日本という国に住んでいて、日本を愛している。
 

 

 

もちろん、地球に住んでいて。地球人なわけだけれど。
 

 

 

この日本という場所にいて、20年日本語を学ぶことはなかったのだろうか。
 

 

 

これは、誰に対しての動画なのだろうか。
 

 

 

発言はきっと誰かに届けるために行われるんだと思う。
音楽も。
 

 

 

自分のためだったり、誰か特定の人だったり、わざと一般的にしたり、もともと一般的だったり。
 

 

 

ゴーンさんが釈明したいだろう対象は、大半の日産の社員なのではないか。
司法も、日本国内での法ということになる。
 

 

 

組織も日本企業。
 

 

 

ここで異なる言葉で説明されると、日本人としては少々理解しがたい存在なんだろうと感じる。

少なくとも日本語でしゃべる努力をすべきだったと思う。

奥さんもね。
 

 

 

帰る国があるのであれば、帰ればいい。
そういう感情を引き起こす気がする。
 

 

 

「帰る場所にしか存在しえない」従業員や、日本での企業活動をしている(僕の場合は岡崎市でしか商売にならない職業ですが)
そういう視点から見ると、感情を逆なでして終わりなのではないか?

いずれにしても裁判員裁判でもなく、個人の意見は関係なく、司法の場で検察と弁護士が事実を列挙して争うわけで、
現在のところ推定無罪。

見守ろう。

 

 

 

【話題の動画】

「日産自動車の資金5億円超を自身に環流させ日産に損害を与えたとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕された前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の弁護人は9日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見し、ゴーン前会長の主張を収めた動画を公開した。動画は約7分40秒。ゴーン前会長が4日に再逮捕される前に収録された。」

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏の弁護団が4月9日、記者会見を行い、ゴーン氏自身が無罪を主張する動画を公開した。会見に参加した報道各社がそれぞれ、この動画をYouTubeに公開しており、約7分半にわたる全編を閲覧できる。

 金融商品取引法違反や会社法違反(特別背任)で起訴たゴーン氏は、3月6日に東京拘置所から保釈。4月3日にTwitterアカウント(@carlosghosn)を開設し、「11日に記者会見を行う」とツイートしていたが、翌4日、会社法違反(特別背任)容疑で東京地検特捜部に再逮捕された。

 動画でゴーン氏は英語で話しており、日本語の字幕が付いている。ゴーン氏は「11日にお伝えしたかった私のメッセージのエッセンスをお伝えする」とし、無実を主張するとともに、自らにかけられた嫌疑について真っ向から反論している。

動画は各メディアで配信中。
それぞれ論調が違う。 

 

 

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43513500Z00C19A4MM8000/
 

 

 
朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM494J6VM49UTIL02C.html?iref=com_alist_8_01
 

 

 
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190409/k00/00m/040/105000c

IT MEDIA
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/09/news102.html

 

 

 
読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190409-OYT1T50218/

 

 

 
中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019040901001983.html