青春 1986

1) 陽のあたるあたる空き地で
俺は寝転んで 青く澄んだ空ぼけっと眺めてる
背中で石ころが重いとつぶやいてる
白い雲がながれ 風が吹いてくる。
青春なんてものが 身にしみてくるぜ
青春 人と出会い 別れてゆく。
ひとりひとりに 思い出を残して
また雲がちぎれた

2) のらねこの 黒いやつ
仲が良かったんだ 車ににはねられた。
墓をつくったのさ
マジックで名前書いて
少し寂しかった そして ハラがたった。
命 なんてものが 身にしみてくるぜ。
命 うまれてきて 死んでゆく。
何で生きてるのか 教えてくれ
また 雲がちぎれた。

3) 現実なんてものが 身にしみてくるぜ
現実 誰の手から こぼれてくる
そのうち飲み込まれて つぶされてゆく
また 星が流れた。

また ほしが

許可なき転載・複写を禁じます。著作権は一切放棄いたしません。

Copyright by HEADACHER LUKE All Right Reserved SINCE 1999/2/22

過去サイト とりあえず、お気楽極楽 から転記

ページ: 1 2